コメントは受け付けていません。

comment for つーくんの尻尾と口唇





 
カエルをクリックすると投稿できます。

そうでしたか。

【kaeru 09】断尾という手も確かにありますね。
昔の猫ちゃんはよく断尾の話を聞いたことがあります。
猫からすれば断尾も去勢手術も人間の勝手かもしれませんが、その方が良い場合もありますしね。

もう今年も終わりですね。
また来年、サクちゃん・つーくんの様子を見に来たいと思います。
どうか、お元気で~~~(^^)/
2013/12/31 14:58 | edit
posted by TとK

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/12/29 22:16 | edit
posted by
トラックバックは受け付けていません。

トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category : スポンサー広告  comment : × track back : ×

つーくんの尻尾と口唇

長い間、尻尾の舐めハゲと
格闘しているつーくん&おかん





薬の服用を止めて3ヶ月





尻尾カバーの活躍も手伝って
しばらくの間は完治はせずとも
そこそこいい状態を保てていたのですが


また少し悪化してきましてね~…(_ _|||)


カバーの上からガジガジ

エリザベスをしても
器用に体を捻りガジガジ


メガホンカラーも
器用に外してしまう///orz///


一度、カラーが外れないよう
首輪に結んで一体化させてみたんだけど


無理に外そうとして
首輪が顎に食い込みえらいことにΣ(゚∀゚ノ)ノキャー


仕事の関係上、半日以上は
尻尾の監視ができないので
保護具が役に立たなくなると


正直、お手上げ状態に///orz///


そんなある日





次なる異常を発見したのです





写真だと分かり難いかも
しれませんが


上唇(犬歯が当たるところ)が
えぐれてるじゃあーりませんか
ガタガタガタ(((((川iО■Оi川)))アワワワワワワ


サクが初めてアレルギーを
発症してから、皮膚病の項目は
何十回と読んでいるので


一目で


《無痛性潰瘍》


の文字が頭に浮かびました


《無痛性潰瘍》は
好酸球性肉芽腫症候群の一種


そして


サクとつくねの舐めハゲの原因も
この好酸球が関係しています





確かに名の通り
痛みや痒みはないって聞くけどね…( ;∀;)


もっとえぐれちゃったら
大変でしょ??(T^T)カリカリ食べれなくなっちゃうよ?


ということで





久しぶりに病院に連れて行きました


尻尾と口唇の検査の結果


尻尾は好酸球が出てるけど
口唇は何も検出されませんでした


尻尾はちょっと腫れてきてるので
少し触るだけでギャン鳴き(=▽=;)


けどつーくんは鳴くだけで
咬むことはないので
診察はすんなり終了





そして、今後の治療方針について
おかん達夫婦はある決断を告げました


ステロイドはあまり長期使用は
したくないということ


そして


尻尾は断尾を考えているということ


ステロイドはホントによく効く薬です
(つーくんはプレドニンが処方されています)


けど、それ故に長期使用は
副作用も伴います


つーくんはまだ1歳半


こんな幼い頃から長期使用していたら
耐性がついてしまい


もし、もっと大きな病気になった時
ステロイドの効果が半減してしまう
のではないかという不安


そして、つーくんはエイズキャリア
である故、あまり免疫を抑制する薬は
多用したくないということもあります


一度、提案された免疫抑制剤も
同じ理由で使用はできません


そして、約一年間
この尻尾の保護を試みてみたけど
どれも大きな効果を得られなかった事





サクも同じ皮膚病を約1歳の時から
患っているけど


サクの場合


症状がでるときは顔以外
ほぼ全身に出ます


おなかと太ももが一番酷くなるんだけど
これはカラーや洋服でカバーできている


尻尾はサクの場合
つーくんより短いからカラーさえ
ちゃんとしてれば保護できるんですよね(=ω=;)


つーくんは何故だか
尻尾と足の裏ばかりに症状が出て
他の部位には症状が出ないんです(・ω・`)?


もちろん、尻尾を断尾しても
今後、他の部位に症状が出ることも
あると思います


ただ他の部位なら、サクの経験上
保護具で幹部の保護は
可能だということは実証済み


手術のリスクも、もちろんあるし
親の都合といえばそうかもしれない


けど、これでつーくんの負担が
軽減できればという
希望もあります


つーくん、ステロイドが苦手で
投薬するとブクブク泡
ふいちゃうしね~…
(ヽ´ω`)お口が涎まみれになっちゃうの





ちゅーる(液状のおやつ)に
混ぜてねじ込むとまだ大丈夫だけど


いつまで通用するのやら…(=ω=;)







今回は担当医がお休みだったので
意志だけ伝えただけで
まだ決定ではないです


とりあえずは年末年始を挟むので
2週間はステロイドの
お世話になることに( ;∀;)口唇のこともあるしね


すでにに副作用で毛が束で
抜け落ちちゃう症状が出てるので
口唇だけでも早く
治るといいんだけどな~…
(T∀T;)ますますはげちゃいそう…


その間、少しでも情報を集めて
どれが一番いい選択なのか
考えたいと思います(=ω=;)





何はともあれ今年もあとわずか
最後の最後まで気を抜かずに
頑張っていこうと思いますo(・д・´*)9


ではでは(*・ω・)ノ マタネ-♪




ブログランキング・にほんブログ村へ
ポチっとしていただけたら嬉しいです ( ´艸`)ド-ゾヨロシク♪
スポンサーサイト
category : つくね  comment : 2  track back : 0

thema:ペットの健康・病気・怪我 - genre:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。