FC2ブログ
コメントは受け付けていません。

comment for つーくんのこと~経過報告~





 
カエルをクリックすると投稿できます。

とりあえず

【kaeru 03】連れて帰れる状況でよかったですね。
つーくんも病院よりサク兄ちゃんの傍の方が安心だろうし。

猫って、我慢強いと獣医さんに聞いたことがあります。
人間が気付く前に本猫が辛い思いをしている事になると思いますが、そこは会話が成立する人間とは違い 気付けなくても仕方がないし 様子がおかしい事に気付いてすぐに病院に行けたのだから、良かったのだと思いますよ。

それでなくても、おかんさんは日ごろから二人の様子をしっかり見ていると思います。

帰って来てからの家での様子はどうですか?
私はここで見守る事しか出来ないけれど、尻尾の舐めハゲが良くなったように つーくんには強い治癒力があると思うので、早く元の様に元気になってくれると嬉しいですね。
2014/04/10 11:06 | edit
posted by TとK

【kaeru 02】おかんさん、こんばんは!
つーくん!とびっくりしてしまいましたが
最後まで読んで、少しだけホッ…としました。

つーくんが、大きな手術に耐えて
自分でゴハンを食べてくれた…。゚(゚´Д`゚)゚。

ふとした拍子に起こってしまった事故だと思います
大丈夫ですよ!
おかんさんの仰る通り
絶対につーくんは乗り越えてくれるはず(*´ω`*)!

もうも、肺炎の診断から二年近く…
試行錯誤しながらですが、元気にやってますし(*´∀`)!

大好きなお家でゆっくりできたら
きっと、もっと良くなるはず…。
また、ゆっくりゴキゲン伺いに来ますね(*´∀`)!

おかんさんも気が抜けない日が続きますが
あまり疲れ過ぎないように…!
応援してますヽ(´∀`)ノ!!
2014/04/09 22:38 | edit
posted by mowcoma
トラックバックは受け付けていません。

トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category : スポンサー広告  comment : × track back : ×

つーくんのこと~経過報告~

先日





つーくんの様子が
少しおかしいと思い


病院に連れて行きました


診察の結果


熱があり
白血球の数値は5万以上
黄疸が出ている


そして血液が破壊されているという


想像していた以上に
深刻な状態でした



原因を特定する為に
さらに詳しい検査をして
いただくため


つーくんには
半日入院をしてもらい


夕方、検査結果を聞く為
再度、病院に足を運びました


レントゲン検査の結果


つーくんは肺に
穴があいている事が
わかりました


肺が破れた事で
胸膜内に空気が入り


呼吸困難な状態に
なっていたようです


白血球の増加も
その炎症によるものだと
推測してます


すぐに空気を抜く処置と
肺にあいた穴を塞ぐ処置を
してくださり


とりあえずは大事に
至らなかったのですが


絶対安静な状態には
変わりないということでした



『気胸』になってしまう
主な原因としては



交通事故や激しいケンカが原因の
外的要素の場合と


肺炎や気管支炎など
呼吸器の病気が原因の
内的要素の場合


と別れるそうです


まず交通事故は有り得ない


激しいケンカもないと
思うけど


明け方
かなり派手な運動会が
繰り広げられ


つーくんは非常に
どんくさい子なので


その時に
どこかに身体をぶつけたり
高い所から落ちたり
したかもしれない(=ω=;)


サクのせいではないと
思いたいですな…(;¬∀¬)ハハハ…





肺炎や気管支炎は
兆候なかったと思うけど


つーくんの体調の変化に
気付いていなかった
だけかもしれない


現段階では
これ以上の事は判らず


とりあえずは
白血球の数値と熱が
まだ高いので


肺炎の可能性を視野に
入れた治療を行うことに
なりました


現時点では症状も落ち着き
面会の時には


ちゃんと自力で立ち上がり
何度もにゃーにゃー鳴いて
ゴロゴロ言ってくれたので


先生も連れて帰っていいと
言ってくださったのですが


絶対安静状態な環境が
整ってないので


つーくんには
もう一泊してもらう事にしました


今朝、お電話いただき
空気を抜いてから
24時間経過後も
気胸の再発はなく


ご飯も自力で
食べてくれたとのこと( ;∀;)



サクとの隔離スペースも
準備できたので


今晩、お迎えに
行ってきます






つーくんはきっと
この試練を乗り越えて
くれるはずです



ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト
category : つくね  comment : 2  track back : 0

thema:ペットの健康・病気・怪我 - genre:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。